LINK

カードキャッシングなどの支払い方法というものは、企業の方針に応じてかなり違いがあって様々な手法が取り入れられてます。

類型的には残高スライド方法やリボルディング法が選択されているみたいです。

そしてこういう誰しも知っているリボルディング払ですが本当のところ算定法にいろいな法があったりします。

よってさような形式により引き落し総額が異なってしまうわけですので理解しておいて損はないはずです。

理解しやすくこれらの方式のへだたりに関してを解説しましょう。

一つは元金均等払いで、次は元利均等払いです。

それぞれ読んで字のごとく、元本に関してを均等に返済していくという方式と、元本と利子に関してあわせて一様に返済していこうという様式です。

このケースでは10万円を借り入れたというふうに実際問題としてどういう算定をするかやってみましょう。

利分についてはどっちも15%と設定し試算します。

更にまたリボ払に関する額は1万円と設定し計算します。

ともかく元金均等払いからです。

斯うした時の初回の支払については1万円へ金利分1250円を足した額になります。

2回目の支払いについては1万円に対して金利1125円を計上した返済へとなるのです。

こういうふうにして総回数10回で返済をし終えると言う形式になります。

一方元利均等払いは1度目の返済は1万円で元金へ8750円金利へ1250円と言う具合に割り振ります。

その次の支払いについては元本が8750円へと減少した状態にて利子を算出して、その1万円を再度割り振るのです。

つまり元利均等払いのケースでは10回で引き落しが完済しない算出になります。

これだけの差異で二者がどれぐらい違ってるのか十分ご理解頂けたことと思います。

元利均等とは元金均等と比べ、はっきりと元本が縮小していくのが遅延しているというマイナス面といったものが存在したりするのです。

詰まるところ利子といったものを余分に返済するといった状況になります。

一方、最初の返済が小さな金額で済んでしまったという長所というものも存在したりします。

かかる支払手法の相違により返済額というものは異なってきますので自分の好みに応じた計画を取るようにしてみてください。