LINK

処分について最近注目されているのがオークション取引なのですオークションサイトの利点はまず、自動車の業者や下取りに出す場合よりも高く売ることができるという点です。

自分が売却をする中古車の買取相場を調べて、満足がいかないと思うのであれば競売に出すことによってそれ以上に満足できる金額で処分するということが可能ですが、ただし少しばかり手間がかかるのが負担になるかもしれませんが。

オンラインオークション出品する場合は普通の競売サイトを利用するのではなく、中古車専門サイトや中古車専門のお店がたくさん集まる場所でオークションサイトに出品するのがいいでしょう。

そういったオークションサイトを選ぶことで何種類か出品テンプレートがありますのでそういうものを使って記入するだけの作業で比較的簡単に出品することが可能です。

インターネットオークションに出す場合、車は画像が与えるインパクトは重要です。

画像の映りを手掛かりに買う側は意思決定をするといわれます。

車の画像は該当する車の外装は当たり前ですが、電装系パーツ、タコメーターなど車内も可能な限り撮影しなければいけません。

それから後々の苦情をできるだけ抑えるために傷やへこみ気になる点などがある場合はその部分もきっちり写真を見て伝わるようにする必要があります。

これは中古車を処分するケースについても同じです。

それから、掲載するとプラスになる点としてカーナビや吸気・排気系パーツ、インタークーラーやフォグランプ、外装パーツ、油温計、フロントグリル等車外装備品が含まれる状態であれば詳しく掲載をしてそれぞれの写真を画像を撮影しておいてください。

上記に上げたレーダー探知機やスピードメーター、ブレーキホースやエキゾーストマニホールド、ホーン、フロントグリル等車外パーツは人によってはかなり喜ぶ方も多いです。

ネットオークションで売却後の苦情を出品前に抑止するテクニックのひとつとして、修理をした痕や具合の悪い箇所などがあるなら必ず分かりやすく載せるようにしなければいけません。

自らネットオークションで掲載していくという行為が実際に厳しいのであればインターネットオークション代行業者にお願いするという手段もあるでしょう。

これは一般のネットオークションとは一線を画し、自分の車両を専門業者間の競売に載せて売っていただくことになります。

売却する車の流通相場が一般的な取引相場とは違って、専門業者が集まる買取相場になりますから、一般的な競売に比べ、若干高値になる場合がほとんどです。

競売を代行してくれる業者の手数料を引いた上で売却する車の入金される金額が支払われますので、インターネットオークションを代行してくれる業者の質やコミッションによっては一般的なオークションサイトより結局少しだけ売値が安くなってしまう可能性もあります。

オンラインオークションの場合はだいぶオークションを代行してくれる業者の実績に振りまわされることも大きいですから、実績のある業者を選択するのが大事な点なのです。

インターネットオークションのトラブルに関しては、委託している形になるので実際に少ないと思います。

どのようなインターネットオークションでも同じですが、ご自身の所有車にとって不利になること(傷など)を隠していると最悪の場合は訴訟になります。

ご自身の売る車の詳細はきちんと開示するようにしましょう。