LINK

自動車事故は、あなただけの自損事故と誰か他の人が関与した事故があります。

自分だけの事故の時には自分で事故の対応をすれば完了となりますが別の人が関わった自動車の事故は互いにどのくらい落ち度があるのかを調査して、その状況によってマイカーの修復のお金が示談のお金などが決められますので、自動車の保険会社の有識者と一緒の話し合いが必要です。

大部分の自動車での事故の時、それぞれにいくらかの過失がある場面が多数でどちらかだけのミスを言及する場合はほとんどありません。

もちろん赤信号で進んでしまった、一時停止しなかったのような違反があって起こった事故なら多大な間違いになりますが、被害を受けた側にも手落ちがあったと言われます。

車の事故の際にはどの車のミスが原因で起こったかという結果が物凄く大事になってきますのでその結果を誰にも分かりやすく表したものが『過失割合』と呼ばれるものです。

仮定として、先ほど記述した信号が赤でも進んでしまったり一時停止で止まらなかった条件なら、道路交通法のルール上相手に10割手落ちがあるように思いがちですが、この状況でその車が前方から来て目で見て確認できた状況であれば自動車事故の被害者でも注意不足であったとして1割程度の手落ちが認められる事もあります。

言うならばこの場合は相手9割自分1割の過失と言われ数値が大きいとそれに応じた落ち度が問われるのです。

車での事故の割合過去の事故の判例をものさしとして決定される状況が多数あり、日弁連交通事故相談センターから公にされている認定基準表のようなものが元として用いられています。

このような過失割合の、数値が大きければ手違い、つまり賠償しなければいけない額も大きくなると判断されるので、事故後の話し合いは事故当事者だけでなく自動車の保険の担当を加えて落ち着いて交渉することが必要です。